2008年08月04日

「30人に1人 親が外国人、 18年に日本で生まれた子」 【国際結婚の話題】



 平成18年に国内で生まれた赤ちゃん約110万人のうち
親の少なくとも一方が外国籍の子が3万5651人で
新生児の3・2%、ほぼ30人に1人の割合に上ることが3日までに
厚生労働省の調査で分かった。

 同年に国内で結婚し、婚姻届を出したカップルのうち
1人または両方が外国人の組み合わせは6・6%で約15組に1組。
いずれの数字も増加傾向にあり、過去10年で最高。
在日外国人の定着と日本社会の国際化を裏付けている。

 「人口動態統計」などによると、18年に出生した赤ちゃんのうち
「父親が外国人」が約1万9000人、「母親が外国人」は約2万6000人。
これらのうち「両親とも外国人」は約9000人。

夫が日本人、妻が外国人という組み合わせが約3万6000組と圧倒的に多く
妻の国籍は中国、フィリピンがそれぞれ3分の1で、6分の1が韓国・朝鮮だった。
----引用終了-----
ここをクリックして詳細記事・関連記事をご覧ください)

「アジアの人たちとの国際結婚のカップルの出産が増えている」
と言うニュースを見つけましたので、皆さんにご紹介します。
ボクは割りと国際結婚に関しては推進しているとまでは言えませんが
かなり、寛容な考え方をしている方だと思っています。

特にボク自身、フィリピンが・・・ いえ、フィリピーナが好きで(笑
ボクの友人にも、フィリピーナとの国際結婚をされている人が多い。
と言うことが、その考え方の基礎になっているのではないかと自己分析していますが

中国との国際結婚が多いのは、日本との経済交流が頻繁になって
中国を訪れる日本人が多くなったから・・・ なのか
中国人との国際結婚を斡旋する業者が頑張っているからなのか
は、詳細なデータとかは取れないんで、ハッキリとは言えないんですが
これも、中国人女性との国際結婚が増えて来た理由なのではないかと思います。

ボクがチャットを始めた頃、中国人女性との国際結婚を斡旋している業者が
プライベートメッセージ機能を使って
「中国人女性に興味はありませんか?」
なんて、一生懸命お仕事をしていることもありましたし・・・(笑

同国人同士でも継続させることが難しい結婚でありますから・・・
国際結婚ともなると、かなりお互いの努力が必要になるんだと思います。
その結婚生活の中で、子どもが産まれるって言うことは・・・
夫婦や新しい家族の絆を強くするってことになるんだと思います。
国際結婚をされている皆さん 頑張ってくださいね〜!


海外でも便利!おサイフ口座 ・海外でも使えるおサイフ口座

JALカードSuica

「タガログ語でフィリピーナを口説きまくれ!」

【タガログ語向上委員会2】

【チャットざんまい TOP】



posted by ニコニコナッシュちゃん@フィリピンライブチャットざんまい at 11:02| ニュース・コラム・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。