2008年08月07日

「雨の日にフィリピーナと二人きり・・・」 【フィリピンパブとフィリピーナと私】



水道工事の現場は雨が降ると
作業が出来なくなり
現場作業員は休みになることが多い。
梅雨の時期を迎えたこともあり
全ての工事現場が作業をしないと言う
報告の電話を受けた後に電話番だけの
仕事をしていると

「オハヨウゴザイマース」
フィリピーナのミカが出勤して来た。
「あれ? 今日はみんな休みの筈だけど・・・
社長から連絡行かなかったかな?」

「キョウ シャチョウサン ヨウジ アルダッテ」
ミカはそう説明をしながら
警備員が待機している場所にあるソファーに座る。
「そうか・・・ ならいいんだけど」
南野はミカの分もコーヒーを淹れて
ソファーに座っているミカの前のテーブルに置いた。

「アリガト」
嬉しそうにコーヒーを受け取ったミカは
南野と世間話を始める。

「フィリピンパブ シッテル?」
「名前は知っているけど、行ったことがないな
俺は酒が飲めないからね」
「マジメナァ〜 ワタシ ソコデ ダンサー シテタヨ」
「へぇ・・」

その話で当時から遡ること10年ぐらい前の
第一次フィリピンパブ・ブームの頃に
フィリピーナのミカは来日して、仕事をしていたのだな
と言う感想を持った。

「ニホンノ シアター シズカ ネ。
フィリピンハ コンサート ミタイヨ」
映画の話に切り替わった時
ミカはそう言いながら笑った。
「へぇ・・・ そうなんだ。
ホント、日本じゃ考えられないね」

そんな話に興じながら、ミカが警備会社の
事務所に来てから1時間が経過した時に
社長の皆口が事務所に戻って来た。

「ゴメンね〜 ミカちゃん。
打ち合わせが長くなって、遅くなっちゃった
じゃ、ちょっと来てくれる?
南野君は、今日はもう帰ってもいいわよ」
と言いながらミカを自分のデスクまで呼ぶ。

南野が皆口の言葉を聞いて
帰宅をするための準備をはじめると
「じゃ、ミカちゃんお願いね」
皆口が指示を出すと
ミカは皆口のロングヘアーを
器用な手つきで結い始めた。

その光景を見てから
「じゃ、お先に失礼します」
と皆口とミカに挨拶をしてから
事務所を出た南野は
「わざわざこのためだけに呼んだのか?!」
と呆れながら帰宅の途についた。


海外でも便利!おサイフ口座 ・海外でも使えるおサイフ口座

JALカードSuica

「タガログ語でフィリピーナを口説きまくれ!」

【タガログ語向上委員会2】

【チャットざんまい TOP】



posted by ニコニコナッシュちゃん@フィリピンライブチャットざんまい at 00:29| フィリピンパブとフィリピーナと私 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。