2008年08月12日

「フィリピーナのドリンクにテキーラ」 【フィリピンパブとフィリピーナと私】



フィリピンパブは基本的に時間制になっていて
1時間で3000円、90分で5000円、そして
ハウスボトルが飲み放題。と言うシステムが多く
キャミーの在籍しているフィリピンパブでも
そのシステムを採用しているのだが

フィリピンパブのメニューを見ると・・・
ハウスボトルで満足の出来ない人の為に
メニューのドリンク欄にウィスキーなどの
ボトルの名前が書かれている。

キャミーがいることによって通い始めた
フィリピンパブも同様にボトルキープが出来る
システムはあるのだが、南野はメニューに書かれている
それらのボトルに興味を示さなかった。

キャミーのいるフィリピンパブに飲みに行った時のこと・・・
同じ店に彼女が出来た飲み仲間が
テキーラのボトルを注文していたことを知る。
「ん? テキーラ。好きなんですか?」
不思議そうな顔をして尋ねた南野に

「あぁ、好きだぞ。ボトルを入れておけば
フィリピーナにあげるドリンクをセーブ出来るじゃないか。
もし、残ってもキープしておけば
次回からのババドリ(レディースドリンク)は
無料みたいなもんだからな」
飲み仲間はそう言ってからショットグラスに入った
テキーラを煽り、レモンを齧っている。

「アコ モ オニガイシマス(お願いします)」
キャミーは友人の入れたテキーラを飲み始める。
「こんな強い酒を飲めるのか・・・」
少し驚きながらキャミーを見ていた南野であったが
それから、更に驚くことになった。

「ダキシメテェ〜(抱きしめて)」
かなり酔った状態のキャミーはそう言いながら
自ら南野に抱きついてくる。
更に、何回も何回も南野の唇に重ねられる
キャミーの唇の感触を味わいながら
「テキーラって蒸留酒だから、そんなに酒臭くならないんだな・・・」
などと変なことも考えている。

「こんなにいい(おいしい)思いの出来るドリンクなら
ずっと飲ませておいた方がいいかもしれない」
と考えた南野も、飲み仲間と同様にテキーラのボトルを
1本入れることにした。

が、そのテキーラは・・・・
車を運転する南野の口には入ることがなく
キャミーや飲み仲間に全て飲まれてしまった。


海外でも便利!おサイフ口座 ・海外でも使えるおサイフ口座

JALカードSuica

「タガログ語でフィリピーナを口説きまくれ!」

【タガログ語向上委員会2】

【チャットざんまい TOP】


posted by ニコニコナッシュちゃん@フィリピンライブチャットざんまい at 00:50| フィリピンパブとフィリピーナと私 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。