2008年08月20日

「フィリピンパブのクリスマスイベントは同伴からスタート」 【フィリピンパブとフィリピーナと私】



「サービス業に従事している者にとっては
一般のイベントや祝祭日なんか関係ない」
と、南野は思っている。
特に12月は運転代行業者にとっても
かき入れ時なので、自分の思い通りには休めない。

カレンの在籍しているフィリピンパブでは
23日・24日・25日にクリスマスイベントを行う
と言う告知がされていて、運の良いことに
初日の23日が南野の休みの日であった。

フィリピンパブでのクリスマスなどのイベントでは
チケットを購入する必要があったりする。
1日の営業時間を一部、二部の2つに分けて
それぞれにチケットが必要だったりする。
フィリピンパブに来る大勢の客を捌く目的もあるのだろう。

「チケット・・・ ドウスル?」
カレンは心配そうに南野に聞いて来た。
「あぁ、その日は同伴するんだし、カレンが
クリスマスのチケットをキープしてくれればいいよ」

他のフィリピンパブでイベントがあった時と
同じことをカレンにも言う。
そして・・・ 23日がやって来た。

フィリピーナが共同生活をしているアパートで
カレンをピックアップした南野は
「Maligayang Pasko」(メリークリスマス)
タガログ語でクリスマスの挨拶をしてから
カレンにインターネット通販で購入した
ピアスのプレゼントを渡す。

大喜びでクリスマスプレゼントを受け取った
カレンであったが・・・
その直後から、カレンの携帯電話が鳴り続ける。

一ヶ月のポイントの締め日に南野に電話があって
「アコ(私) No.1ダヨ! No.1!!」
カレンの在籍しているフィリピンパブで
売上げのポイントでトップになったことを
嬉しそうに、しかも誇らしく報告して来たこともあり
客からかかって来る電話は、仕方がないとは南野も思っている。

「ホテルでカレンと一緒に居る時には
客からの電話はかかってきて欲しくないものだ」
南野はホテルのソファーに深く座り、足を組み
タバコを吸いながら、電話をしているカレンを
眺めている。

「May selos ka?」(ヤキモチ焼いてるの?)
カレンは苦笑しながら南野に尋ねる。
「Wala na. Walang magagawa di ba」
(ないよ。しょうがないでしょ)
南野は灰皿にタバコを押し付けるようにして
揉み消しながら答える。

すると、カレンは携帯電話の通話終了ボタンを
長押ししてから・・・
「バッテリー ナ〜イ♪」
笑いながらテーブルの上に携帯電話を置いて
ソファーに座っている南野に抱き着いて来た。

海外でも便利!おサイフ口座 ・海外でも使えるおサイフ口座

JALカードSuica

「タガログ語でフィリピーナを口説きまくれ!」

【タガログ語向上委員会2】

【チャットざんまい TOP】


posted by ニコニコナッシュちゃん@フィリピンライブチャットざんまい at 19:27| フィリピンパブとフィリピーナと私 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。