2008年08月26日

「友人達のアサワ(妻)はフィリピーナ (あとがきの代わりに)」 【フィリピンパブとフィリピーナと私】



フィリピンパブに行くようになってから知り合った
加藤滋雄の妻や、フィリピンパブにハマった当時に
一緒にフィリピンパブに飲みに行くようになった
友人の片桐尚也の妻もフィリピーナである。

中学の同級生と運転代行の組織を
一緒に立ち上げることになったのだが
その友人の妻がフィリピンのミンダナオ島にあるダバオ出身の
フィリピーナであると言うことは新鮮な驚きであった。

運転代行の組織の代表をしていた佐伯も
フィリピーナと結婚をしていたと言うこともあり
運転代行の組織の中では、かなり頻繁に
フィリピンの話題が出たりすることもあった。

そんな楽しい職場を去ることになった南野は
フィリピン好きの集まる掲示板で知り合った男と
実際に東京で会い、リアルの状態でも友人となった
彼の妻も、もちろんフィリピーナで
とにかく南野の周りにはフィリピーナを持つ友人が多い。

フィリピン好きが集まる掲示板で交流を持たせて貰っている
友人の多くが、フィリピーナと結婚している。
そんな環境であるので、友人とスカイプで話をする時には
自然と、フィリピン・フィリピーナの話になるし
友人の中の1人とは、タガログ語の話ばかりをしている。

南野が知り合ったフィリピン・フリークの仲間達は
とてもいい人ばかりで、一緒にいて楽しいと思える
仲間であると同時に、真剣にいろいろなことを
話し合える親友と言っても過言ではない。

そんな友人が多いことはとても幸せなことだし
様々なことに付き合ってくれた仲間達にも
もの凄く感謝している。
もちろん、このようないい出会いを提供してくれた
フィリピンフリークのためのホームページに
開設されていた掲示板にも感謝をしなければならない。

フィリピンパブにハマった当時の南野は
こんな状態になるとは露ほど思っていなかった。
なぜなら・・・
「パソコンを買うよりフィリピンパブに行く方を優先していた」
からなのである。

歴史に「If」は通用しないのだが・・・
「もし、フィリピンパブにハマっていた初期の頃から
パソコンを使ってフィリピンに関することについて
情報収集をしていたら・・・?」
と考えると、とても残念で仕方がない。

もしかすると、フィリピン好きの仲間ともっとたくさん知り合えて
もっともっとたくさんのフィリピンパブに行き・・・ 大勢の
フィリピーナと知り合えて、もしかすると結婚なんかしてたりして
このブログに書かせて頂いた物語も
かなり大きく変化していたのではないかと思われます。

もちろん、これからもフィリピンやフィリピーナ、そして
タガログ語に関わって行きたいと思っているので
また新しいカテゴリーでのストーリーを皆さんに
ご紹介出来る機会はあるし
皆さんにいい報告が出来るように頑張って行きたいと思う。

Magkita ulit tayo!(またお会いしましょう)


海外でも便利!おサイフ口座 ・海外でも使えるおサイフ口座

JALカードSuica

「タガログ語でフィリピーナを口説きまくれ!」

【タガログ語向上委員会2】

「フィリピーナ攻略法!」

【チャットざんまい TOP】


posted by ニコニコナッシュちゃん@フィリピンライブチャットざんまい at 00:30| フィリピンパブとフィリピーナと私 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。