2008年09月11日

「フィリピン航空、燃油サーチャージ額を値上げ−今年度中の円建ては予定なし」 【フィリピン ニュース】



 フィリピン航空(PR)は10月1日から12月31日発券分までの
日本/フィリピン間の燃油サーチャージ額を、1区間につき
95米ドル(約1万300円)に設定し、国土交通省に申請した。

これは現在の66米ドル(約7200円)から約29米ドル(約3100円)の値上げとなる。
ただし、座席を使用しない幼児は対象外。
国内線の燃油サーチャージ額は現行通りで
マニラ/セブ間であれば36米ドル(約3900円)。
また、航空保険料を国際線各区間について 3.2米ドル(約350円)徴収する。
----引用終了-----
TRAVEL VISION
ここをクリックして詳細記事・関連記事をご覧ください)

燃油サーチャージの料金が値上げですか・・・
フィリピンに行く機会の多い方には耳の痛いニュースと
なってしまいました。

今現在は価格が下がっているとは言え、原油価格の高騰の影響で始まった
燃油サーチャージのシステムですが、そろそろ航空券の価格に反映して頂いても
いいんじゃないかと思います。

そうでないと旅行計画を立てる度に、この燃油サーチャージのことを
思い出してイヤな思いをすることも無くなるのではないでしょうか?
これは、「航空券を安く見せるための手法」のような感じがして
ボク、個人的にはあまり気分のいい価格提示の方法では
ないような気がするのですが・・・

皆さんはどう思われますか?


海外でも便利!おサイフ口座 ・海外でも使えるおサイフ口座

JALカードSuica

「タガログ語でフィリピーナを口説きまくれ!」

【タガログ語向上委員会2】

【チャットざんまい TOP】


posted by ニコニコナッシュちゃん@フィリピンライブチャットざんまい at 08:18| ニュース・コラム・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。