2008年09月19日

「フィリピンスタイルの誕生日パーティー」 【フィリピン旅行記】



マニラに戻ってから加藤やメイと一緒に行動することを
控えるようになっていた。
結婚式は終わったし、家族旅行のイベントも終わったし
加藤の移動に関してもメイが1人でサポートが出来るので
少し別行動をするようにしてみたのである。

マニラに戻ってから2日目。
メイの甥が1歳の誕生日パーティーをすることになったと聞く。
「パーティには一緒に行こうね」
と加藤と約束をしたこともあって
その日の午後から甥への誕生日のプレゼントを
モールに買いに行くことから付き合うことになった。

「俺も何かプレゼントを用意しないとマズイよな・・・」
そんなことを考えながら子供用のオモチャを見ていると
「キョウヘイハ カワナイデ イイ」
とメイは言ったのだが
「パーティに行くのに、それじゃマズイだろ」
と言いながら、紐で引っ張って遊ぶことが出来る
グリーンのプラスティックで出来ている可愛らしいヘビのオモチャを
購入することに決めた。

ラッピングをしてくれる場所があると言うことで
メイの後について行くと、そこには大きなカウンターと
カードを記入するテーブルがいくつも並んでいる場所にやって来た。
無料のカードを受け取って・・・

「Maligayang bati sa iyon kaarawan
(誕生日おめでとう)」
「God bless you(あなたに神のご加護を)」
と言う言葉を書いてカードを封筒に入れてから
スタッフに渡すと、青いキレイなラッピング用のシートを使って
手際よくプレゼントの包装をしてくれた。

用意したプレゼントを持ってメイの自宅まで屋って来ると
かなり驚く光景が目に入ったのである。
日本の運動会でグラウンドに設営されるテントを
道路いっぱいに張り、その横には子供達が遊べるように
小さいジャングルジムやブランコなどの遊具が設置してある。

少し大きめのコンポを外に出して大音量で音楽を流し
パーティー気分は盛り上がっているのであるが・・・
「道路の使用許可は取ってあるのか?」
と心配になって聞いてみたのだが
そんな許可はもちろん取ってない(苦笑

また驚くべきことに道路を走行している
一般の乗用車やタクシーまでもが
「パーティーじゃ、しょうがないなぁ・・・」
と言うような表情をしながら迂回をして行くのである。

日本ではまずお目にかかれないような光景を目にしながら
本日の主役であるメイの甥にプレゼントを渡し
他のメイの家族達とハグやキスをしながらの挨拶を
交わしてからパーティーに参加する。

とは言っても、路上にある椅子に座り
渡されたサンミゲルビールをラッパ飲みしながら
パーティーの様子を眺めているだけであった。

「コンニチハ! コンニチハ!」
近所の男の子が南野の傍にやってきて日本語で挨拶をする。
「Ang galin mo〜!(上手だね〜!)」
と言いながら挨拶の握手を交わすと
日本人なのにタガログ語が出来ることに
もの凄く嬉しそうな表情をしながら近所の子供達が寄って来た。

タガログ語で挨拶をすること、片言のタガログ語で
近所の子供達と楽しく話をしていると・・・
メイの甥や姪がやって来て
「この人は私達のゲストなのよ」
と言うような自慢をし始める。

その姿が妙におかしくて笑っていると
子供達が「じゃんけん」をしている姿が目に入った。
じゃんけんを知っているなら・・・
と言うことで、集まった子供達に簡単なルールで出来る
「あっち向いてホイ」を教えてみることにする。

スグに覚えた子供達はお互いに相手を見つけて
対戦を挑み始めた。
サンミゲルビールを飲みながらその光景を見ていると
「もっと何かを教えて欲しい」
と言うような表情をしていたので・・・

志村けんさんの「アイーン!」と
パイレーツの「だっちゅ〜の」を教えたことは
あまり大きな声では言えない(爆


海外でも便利!おサイフ口座 ・海外でも使えるおサイフ口座

JALカードSuica

「タガログ語でフィリピーナを口説きまくれ!」

【タガログ語向上委員会2】

「フィリピーナ攻略法!」

【チャットざんまい TOP】


posted by ニコニコナッシュちゃん@フィリピンライブチャットざんまい at 16:20| PPのフィリピーナとフィリピン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。