2009年07月24日

「横浜ゴムのフィリピン子会社、総合優秀賞を受賞」 【フィリピン ニュース】



横浜ゴムのフィリピン子会社、総合優秀賞を受賞

横浜ゴムは、グループ会社であるヨコハマタイヤ・フィリピン(YTPI)が
7月13日にクラーク開発公社から総合優秀賞を受賞したと発表した。

YTPIは国際企業として初めてクラーク特別経済区に進出した企業で
長年に渡って投資、雇用、環境経営、労働安全衛生の各面で
経済区へ貢献したことが評価された。
授賞式にはグロリア・アロヨ大統領が名誉ゲストとして出席し
浜谷孝行YTPI社長に表彰状を授与した。

この表彰は、ルソン島マニラ北部のクラーク特別経済区に進出した
企業の中から、特に経営に優れ、地区の発展に寄与した企業を
特別経済区の運営に当たるクラーク開発公社が選考したもの。

50社以上の候補の中からYTPIを含め3社が総合優秀賞を受賞したほか
環境衛生、投資成績、雇用・人材経営、新規投資などに関し
4社が特別表彰された。

YTPIは、1996年に設立された乗用車用タイヤの生産販売会社で
現在約1600人の従業員が操業に従事している。
〜〜〜引用終了〜〜〜
Response
ここをクリックして詳細・関連記事をご覧ください)【画像あり】

日本企業の理念や生産管理のクォリティーが
フィリピンで評価されたというこのニュース
まさに「とてつもない日本」の企業なのではないでしょうか?
ボクは働くならやっぱり外資系よりも、日本の企業の方が
良いと考えているんです。

だからこそ、戦後の何もかも失った状態から、世界第2位の経済大国まで
短期間でのし上がって来られたのではないかと、ボクは思うんです。
ここ20年ぐらいは欧米のスタイルを導入し続けている傾向にあり
それが、今の日本の経済問題になっていて
世界第二位の経済大国の地位も脅かされているのではないか?
なんて思うんです。

さて、話をフィリピンの方に戻しまして・・・(笑
ヨコハマタイヤさんがフィリピンに工場を持っていたって
ボクが知ったのは、このニュースが始めてなんじゃないかと思うんですが
地元への貢献をしながら生産管理をきっちりとこなしていると言う
スタイルは、以前、NHKのプロジェクトXで見た「キッコーマン」さんの
ケースと、よく似ているのではないかと思います。
これが、日本の良きビジネススタイルなのではないか?
そういうところが、フィリピンをはじめ世界中から評価されているのでは
ないかと思います。

ボクは今まで車のタイヤはブリジストンを使っていたんですが
これからタイヤを買う時には、ヨコハマタイヤも候補に入れてみようかと
思います。
そして、そのタイヤが、「Made in Philippines」だったら嬉しいなぁ〜

さて、皆さんはこのニュースをご覧になられて
どのようなご感想をお持ちになられたのでしょうか?


フィリピーナに恋をしている人の会話集


「タガログ語でフィリピーナを口説きまくれ!」
【タガログ語向上委員会2】

【チャットざんまい TOP】


posted by ニコニコナッシュちゃん@フィリピンライブチャットざんまい at 08:35| ニュース・コラム・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。