2009年08月21日

「フィリピンの洪水対策工事を日本企業が受注し着工へ」 【フィリピン ニュース】




東洋建設はフィリピンのパシグ・マリキナ河川改修事業着工

■工事期間36ヶ月、受注金額は71億円

  東洋建設 <1890>は、18日にフィリピン国公共事業道路省が発注する
パシグ・マリキナ河川改修事業の2工事を着工したと発表。
  工事期間はそれぞれ36ヶ月、受注金額は総額で71億円。
同工事は日本政府開発援助(ODA)の有償資金協力のうち
本邦技術活用条件(STEP)として実施される。

  マニラ湾河口部のデンパル橋よりランビガン橋までの
1−A工区(9.2km)とランビガン橋からナピンダン洪水調整ゲート付近までの
1−B工区(7.1km)を、鋼矢板及び鋼管矢板により河川護岸を改修するもの。

  パシグ・マリキナ川の下流部に位置するマニラ首都圏は
低地帯であるため、河川の氾濫や排水不良による内部冠水を含めた洪水被害を頻発し
雨季には経済・社会活動に大きな支障をきたしている。

  今回の工事により、周辺流域の住民を洪水から守るだけでなく
人口の過密化した河川沿いの環境を改善し、経済の発展に寄与すると期待される。
〜〜〜引用終了〜〜〜
サーチナ
ここをクリックして詳細・関連記事をご覧ください)【画像あり】


フィリピンの治水対策の一環として行われる河川の改修工事が
日本企業で着工されたというニュースです。

台風や大雨での洪水が頻発するメトロ・マニラの洪水被害が
一日も早く改善されることをボクも願っています。
「台風で物凄い洪水だったの」
って言うチャットメイトのフィリピーナからのメッセージが
この改修工事によって、無くなればいいなと思うのは
ボクだけではありませんよね?

世界に冠たる土木技術を誇る日本の技術を存分に生かし
フィリピンの災害対策に取り組んでいる皆さんに
本当に頭が下がる思いです。


フィリピーナに恋をしている人の会話集


「タガログ語でフィリピーナを口説きまくれ!」
【タガログ語向上委員会2】

【チャットざんまい TOP】


posted by ニコニコナッシュちゃん@フィリピンライブチャットざんまい at 08:58| ニュース・コラム・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。