2009年11月27日

「選挙をめぐる大量殺人事件 死者57名」 【ニュース フィリピン】

フィリピンN_T.jpg


フィリピン知事選めぐる大量殺人、死者57人に 「両目を突き刺された」遺体も

フィリピンのグロリア・アロヨ(Gloria Arroyo)大統領は25日
マギンダナオ(Maguindanao)州で知事選に絡み
政治家一家とジャーナリストら57人が殺害された事件について
犯人を必ず見つけ出し逮捕するとの決意を表明した。
主要容疑者にはアロヨ大統領の政治支援者が挙がっている。

 25日には新たに11遺体が掘り起こされ
死者数は地元ジャーナリスト少なくとも13人を含む57人となった。

 埋められた遺体が次々と掘り起こされ
射殺された女性のうち2人は妊婦だったことなど
被害者の親族らが事件の恐ろしい情景を語り始める中
アロヨ大統領は断固たる行動をとるよう求める声に直面している。

 被害者らは地元政治家イスマイル・マグダダトゥ(Esmael Mangudadatu)氏の
州知事選への立候補を代理で届けるため
選挙管理委員会に記者らとともに車両6台に分かれて向かっていたところを拉致された。

 車列に同行していなかったマグダダトゥ氏は記者団に対し
殺害された夫人の遺体がバラバラに損壊されていたと語り
殺害された姉妹の1人と叔母は妊娠中だったと述べた。

 マグダダトゥ氏は殺された妻の遺体について
「性器は4度切りつけられ、銃弾が撃ち込まれていた。
両方の目玉を突き刺され、両胸を撃ち抜かれ、足を切り落とされ
口の中にも弾が撃ち込まれていた」と述べ
アンダル・アンパチュアン・ジュニア(Andal Ampatuan Jr)容疑者グループについて
「動物以下のモンスターだ」と語った
〜〜〜引用終了〜〜〜


亡くなられた方々に哀悼の意を表し、心よりお悔やみを申し上げます

選挙が絡んで人が殺されるというのは、中南米のコロンビアで
良く耳にしたニュースだったりしたのですが、フィリピンでもそれが
起こってしまったというのは、痛恨の極みです。

しかも、引用させて頂いたニュースの後の方の部分では
昔、中国で民間人の日本人が虐殺された「通州事件」を思い起こさせる
残虐極まりない方法での殺害・死体損壊でして
この事件を実行した犯人グループの狂気をまざまざと見せ付けられた
思いがします。

一刻も早く、犯人全員が検挙される日が来ることを 願っております。

さて、皆さんはこのニュースをご覧になられて
どのようなご感想をお持ちになられたのでしょうか?


フィリピーナに恋をしている人の会話集


「タガログ語でフィリピーナを口説きまくれ!」
【タガログ語向上委員会2】

【チャットざんまい TOP】


posted by ニコニコナッシュちゃん@フィリピンライブチャットざんまい at 08:06| ニュース・コラム・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。