2010年01月18日

「フィリピン提案で東ASEAN地域に光改定ケーブル施設案を発案」 【フィリピン ニュース】

フィリピンN_T.jpg

東ASEAN成長地域で光海底ケーブル敷設案が浮上

東南アジア諸国連合(ASEAN)内の東ASEAN成長地域(EAGA)と
他のASEAN加盟国を結ぶ海底通信ケーブル敷設プロジェクトが持ち上がっている。
フィリピンの通信会社、EAトライリンクが提案したもので
先ごろ行われたブルネイ・インドネシア・マレーシア・フィリピンEAGA(BIMP−EAGA)の
代表による情報通信技術に関するワーキング・グループの会合で出された。

EAGAはBIMP4カ国の辺境地帯の開発を目的とする取り組みで
ASEANの域内格差是正の一環。 マレーシアのダワナ・リソーシズとインドネシアの
Ptトランス・ハイブリッドにより、サラワク州クチンとインドネシア、西カリマンタンの
ポンティアナックを結ぶ光ファイバー・リンク(全長150キロメートル)敷設に
関する調査が実施されたという。

現在、サラワク州からブルネイを経由しサバ州を繋ぐ地上光ファイバー網は
既に完成している。 海底通信ケーブルが完成すると
「SEA-ME-WE3(日本−欧州間を東南アジア、中近東経由で結ぶ光海底ケーブル)」
との連結が可能となる。

ワーキング・グループでは民間通信会社が2月までに会合を開き
合意にこぎつけることと、完成後の料金体系に関する了解覚書(MoU)の
調印に向けて調整を進めることで一致した。
BIMP−EAGAの代表は近くマレーシア通信マルチメディア委員会(MCMC)などを訪問し
域内における情報通信技術(ICT )ネットワークの安全保障に関する情報を得る方針だ。
〜〜〜引用終了〜〜〜
マレーシアナビ!
ここをクリックして詳細・関連記事をご覧ください)


普段、日本でインターネットをしていると、光ファイバー網のおかげで
快適なインターネットの環境に慣れてしまっているので、検索サイトのグーグルのCEOも
羨ましく思っているインターネット環境が、当たり前になってしまっているのではないか?
なんていうことを思います。

地球にある7大陸のうち、オーストラリア大陸に住んでいる人とだけは
まだチャットをしたことがないんですが(笑
色々な所に住む女の子達と、Yahoo MessengerやSkypeを利用して
チャットをしていると、通信回線のスピードの遅さと言うのが目につくんです。

マレーシアとインドネシアの地域を結ぶ、海底光ケーブルの設置案が
フィリピンにある企業から出たと言うことは、とても良いことだと思いますし
さすが、パソコンを利用してコミニュケーションをしている人が
多いフィリピンならではの発案なのではないかと、ボクは思います。

地球上にあるあらゆる地域に住む人達とインターネットでつながり
その人たちとチャットを平和的に楽しめる日が、一日も早く
来ればいいなぁ と、個人的には思っているのですが

さて、皆さんはこのニュースをご覧になられて
どのようなご感想をお持ちになられたのでしょうか?


フィリピーナに恋をしている人の会話集


「タガログ語でフィリピーナを口説きまくれ!」
【タガログ語向上委員会2】

【チャットざんまい TOP】


posted by ニコニコナッシュちゃん@フィリピンライブチャットざんまい at 06:26| ニュース・コラム・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。