2010年04月02日

「虚偽記載によりタイトル剥奪」 【フィリピン ニュース】

フィリピンN_T.jpg


ミス・ユニバースのフィリピン代表、タイトルをはく奪される

今年のミス・ユニバース(Miss Universe)世界大会のフィリピン代表に決定していた女性が
未婚のフィリピン人女性のもとに海外で生まれていたことが発覚し
タイトルをはく奪された。ミス・フィリピン大会本部が31日、発表した。

 今月初めに行われた選考会でミス・ユニバースの同国代表に選ばれた
マリア・ビーナス・ラジ(Maria Venus Raj)さん(21)は、慈善事業に取り組んでおり
8月の世界大会に出場する予定だった。

 しかし、ラジさんがフィリピン人の母親と婚姻関係のない
インド人男性との間にカタールで生まれたことが発覚し
ミス・フィリピン大会本部はラジさんのタイトルを取り消した。
ラジさんの出生証明書にはフィリピン人夫婦の間に生まれたと記載されていた。

 大会本部の担当者は、ミス・フィリピンの決定後に矛盾が発覚したと話し
国籍問題ではなく、出生証明書に虚偽記載があったことが
タイトル取り消しの理由だと説明した。

 ミス・ユニバース世界大会には2位に選ばれた女性が出場するという。
〜〜〜引用終了〜〜〜

日本でも履歴書に虚偽記載があった場合、雇用契約が取り消しになる
なんていうことがあるので、タイトル剥奪もやむを得ないのかなぁ
と思ったりしていますが、とても残念なことであります。

出生を届け出た時に、なんらかの配慮でそうしたのだとは思いますが
このような大事になってしまうのは、想定外だったんでしょうねぇ。

虚偽記載ってとっても大きな問題なんです。 ねぇ、民主党の代表さんと幹事長さん

しかし、身内でしか知りえないこのような情報が、どうして外部に漏れたのでしょうか?
さて、皆さんはこのニュースをご覧になられて
どのようなご感想をお持ちになられたのでしょうか?


フィリピーナに恋をしている人の会話集


「タガログ語でフィリピーナを口説きまくれ!」
【タガログ語向上委員会2】

【チャットざんまい TOP】


posted by ニコニコナッシュちゃん@フィリピンライブチャットざんまい at 03:23| ニュース・コラム・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。