2011年10月01日

「インターネットでのスタイルについて」 【コラム】

yun_284little.jpg

 ボクがインターネットを使うようになってから、よく使われていた言葉に
「ネチケット」という言葉がありました。
 インターネット上でのエチケットやマナー向上のために出来た言葉
なのだとは思いますが、最近は特に聞きません。

ボクは、「インターネットでイヤな思いをした」ということは、ほとんどありません。
10年前から日本人同士のチャット、フィリピーナや他の国の女性達とのチャット
フィリピン・フリークが集まる掲示板での書き込み、また世界最大の掲示板である
2ちゃんねるに書き込んだとしても、気分の悪くなるようなレス(返事)を
受け取ったことがありません。

最近では、自分の顔の画像をtwitterやSNSに表示をさせたり
ニコニコ生放送で顔出しでのトーク放送をしたとしても
気分が悪くなるような思いはしたことがないんですね。

これは、ボクが人の心を逆撫でしないように注意をしたりとか
ネットに接続しているケーブルの先には、リアルな人がいるという
考えを大事にして、普通に直接会うときのような対応をしているから
なのではないかと考えます。

そう考えるだけでも、たぶんネット上でのスタイルが変わって
楽しいインターネットを使っての交流が出来るのではないでしょうか?


フィリピーナに恋をしている人の会話集


「タガログ語でフィリピーナを口説きまくれ!」
【タガログ語向上委員会2】

【チャットざんまい TOP】


posted by ニコニコナッシュちゃん@フィリピンライブチャットざんまい at 17:18| ニュース・コラム・雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。